齋藤一徳のおすすめ袋ラーメン。

齋藤一徳とチキンラーメン。

 

齋藤一徳とチキンラーメン。

貧乏学生の頃はスーパーで3袋100円の袋ラーメンを毎日食べてました。
アレンジ次第で、お店を超えてしまうクオリティを生み出すので研究に研究を重ねた
齋藤一徳は袋ラーメンにどっぷりハマっていった。

 

モヤシだけをのせたシンプルだがラーメン二郎と似たような味を出すことも可能なんですよ。

 

よくやっていたのが、お肉屋さんにいくと脂身がタダでもらえるお店があるのでそれをもらい、湯の中に袋ラーメンの粉末スープと脂身をじっくりと弱火で煮立たせるだけで簡単、二郎ラーメンが完成するのです。

 

ここでは袋ラーメンの魅力とレシピを書いていこうかと思います。